苦情申出窓口


e 「苦情申出窓口」の設置
 当協議会で実施する事業の苦情に適切に対応するため社会福祉法第82条(※1)に基づき、苦情申出窓口を設置しています。
 
1. 苦情解決の方法
(1) 苦情の受付
 苦情は面接、電話、書面などにより苦情受付担当者が随時受け付けています。なお、第三者委員に直接苦情を申出ることもできます。
(2) 苦情受付の報告・確認
 苦情受付担当者が受け付けた苦情を苦情解決責任者と第三者委員(苦情申出人が第三者委員への報告を拒否した場合を除く)に報告いたします。第三者委員は内容を確認し苦情申出人に対して、報告を受けた旨を通知します。
(3) 苦情解決のための話し合い
 苦情解決責任者は、苦情申出人と誠意をもって話し合い、解決に努めます。その際、苦情申出人は、第三者委員の助言や立会いを求めることができます。なお、第三者委員の立会いによる話し合いは、次により行います。
@第三者委員による苦情内容の確認
A第三者委員による解決案の調整、助言
B話し合いの結果や改善事項等の確認
 
2. 苦情に関する担当者について
 当協議会における苦情解決責任者、苦情受付担当者及び第三者委員を次のとおり設置しています。
(1) 地域福祉部
@苦情解決責任者 矢ヶ崎 一幸 (常務理事(兼)事務局長(兼)地域福祉部長)
山村  一生 〔次長(兼)総務課長(兼)権利擁護課長〕
桑田   智 (地域活動推進課長(兼)は〜もにぃ所長)
 
A苦情受付担当者 日下  眞享 (総務課組織管理係長)
石渡  章浩 (総務課人事係長)
石井  省三 (地域活動推進課まちづくり推進係長)
上村  信之 (地域活動推進課事業係長)
煖エ かおる (権利擁護課権利擁護係長)
中山  圭三 (権利擁護課長補佐(兼)権利擁護センターふちゅう副所長)
(2) 在宅福祉部
@苦情解決責任者 平野  耕市 (常務理事(兼)在宅福祉部長)
桑田  勇二 〔次長(兼)在宅サービス課長〕
岩村  聡子 (施設サービス課長(兼)管理係長)
見ル野 一太 (心身障害者福祉センター所長)
A苦情受付担当者 曽根   誠 (在宅サービス課長補佐(兼)在宅福祉係長)
田中   研二 (在宅サービス課府中ケアサポートセンター所長)
佐藤  恵子 (施設サービス課地域包括支援センターしみずがおか所長)
吉井   康之 (施設サービス課しみずがおかサービスセンター所長(兼)しみずがおか居宅介護支援センター所長)
日笠  玄紀 (心身障害者福祉センター管理係長)
桑田  利重 (心身障害者福祉センター子ども発達支援係長)
二上 千帆子 (心身障害者福祉センター地域生活支援係長)
上村  好美 (心身障害者福祉センター作業生活実習訓練係長)
一柳  直正 (心身障害者福祉センター機能訓練係長)
(3) 第三者委員(地域福祉部・在宅福祉部共通)
  ・中西  常夫 (学識経験者)
  ・小林  久恵 (学識経験者)
  ・大日方 公子 (学識経験者)
 
 地域福祉部総務課  п@042−364−5137
 
※1 社会福祉法第82条「社会福祉事業経営者による苦情解決の責務の明確化」
 社会福祉事業の経営者は、常にその提供する福祉サービスについて、利用者からの苦情の適切な解決に努めなければならない。