地域福祉権利擁護事業


 生活に不安のある高齢者・知的障害者・精神障害者の方の福祉サービスの利用等のお手伝いをしています。(認知症の診断や手帳をお持ちでない方も利用できます。)
内   容 @福祉サービスの利用援助
A日常的な金銭管理サービス
B書類等の預かりサービス
※@を基本に、A・B・のサービスをあわせて利用することができます。
利用料金 相談や支援計画の作成などは無料です。
利用契約締結後の生活支援員による援助については、有料になります。
≪東京都内基本料金≫
@・Aの料金については、生活支援員が利用者ご本人のお宅に到着してから援助終了後、ご本人宅を出るまでの時間についていただきます。(ご本人宅から金融機関等への往復の時間も含みます。)
援 助 内 容 料   金
@ 福祉サービスの利用援助 @1回1時間まで、1,000円(1時間を越えた場合は、30分までごとに500円を加算します。)
A 日常的金銭管理
     サービス
通帳をご本人が保管する場合
通帳をお預かりする場合 @1回1時間まで、2,500円(1時間を越えた場合は、30分までごとに500円を加算します。)
B 書類等の預かりサービス 1ヶ月 1,000円
上記利用料のほか、ご本人宅からサービス提供機関や金融機関等へ出向いた際に生じた生活支援員の交通実費については、利用者の方に負担していただきます。
利用料の支払いが困難な利用者を対象に、利用料の免除又は減免をする制度がございます。詳しくはお問合せください。
 
権利擁護センターふちゅう  рO42−360−3900